先輩インタビュー×3階詰所

3人のお子さんを育てながら活躍中!

Y.Sさん 3階詰所

≪プロフィール≫
 【看護キャリア】21年

 【杉安病院歴】1年
 【勤務形態】常勤

Q 急性期病院からの転職ですが、実際に働いてみていかがですか?

先輩② 

看護学校を卒業してから20年間急性期病院で働いていたので、最初はギャップが大きかったです。ここではほとんどの患者さんにおむつ交換が必要ですし、入浴も週に2回あるので最初は体力的に大変でした。でも困っている時は周囲のスタッフが「大丈夫、できるよ!」と声をかけてフォローしてくれるので、徐々に自信を持ってケアできるようになりました。高齢化社会になり療養型病院の需要は大きくなってきています。自分の生まれ育った地域で高齢者に貢献していくことも大切だなと感じています。

先輩② 

Q 当院でのやりがいを教えてください
長期入院している患者さんが多いので、深い信頼関係が築けます。脳疾患や認知症のために言葉を発せない患者さんもいますが、深く関わって行く中で、まばたきであいさつを返してくれたり、手をわずかに動かしてコミュニケーションを図れるようになったりするんです。そういった患者さんのちょっとした変化や、「ありがとう」という言葉に喜びを感じ、やりがいにつながっています。

Q 当院の良いところを教えてください
子どもが3人いるので、残業がないのと子どもが大きくなるまで夜勤を免除してもらえる点に惹かれました。当院は子どもを持つ看護師が多いので子育てに理解があり、相談に乗ってもらえるところも心強いです。総師長はとても気さくなサバサバした方で、いつも「頑張ってる?」と言葉をかけていただけることも励みになっています。お正月や夏休みは4~5日の連休がとれたり、有給もほぼ消化できたりと、家庭と仕事を両立しやすい環境です。

page top